理事長・総院長紹介

理事長・総院長のご紹介

【理事長・総院長プロフィール】
小田治範
・昭和29年1月、中国吉林省生まれ。
・吉林省延辺医学院、吉林医科大学を卒業。
・吉林省安図県第二病院外科に勤務。
・吉林医科大学生科学研究所で生化医学を中心に研究活動に専念。
・研究視野を広めるために韓国のソウル中央大学医学部へ入学。

現代医学の進歩は驚異的で、その治癒力は目を見はるものがあります。 しかし、それによって病人が減少しているわけではなく、残念ながら、高齢化社会に伴って病人の数は増加しているのが現状です。そんな、病人が増加している傾向に対してこれからの医療が考えることは、病気にかかってから治療を繰り返すだけではなく、むしろ、事前の予防方法を普及させながら治療効果をあげていくことです。 それが、私たち医療に携わるものの大切な使命であると考えております。 とくに、私は予防医学に重点をおいて医療活動に従事してきました。病人を出さないためにはどうすべきか。 そんな医療活動を目指して、中国、韓国、日本で学んだ医学の知識を研鑽し、東洋医学、西洋医学の研究を重ね、今日まで、日々、あらゆる疾病の予防に努めてきました。 病気を減らすには普段からの心構えが大切です。 たとえば、多くの人たちが、日常生活の中で病気にかからないように常に心がけ、対応していくことが病気を減らすことにつながっていきます。
私は、社会生活のなかでいちばん基本となるものは、地位でも財力でもなく、その人の心身の健康にあると考えています。つまり、心身の健康を大切にすることこそが生活の源を守る原動力であり、人間生活の根幹となるわけです。 この大切な基本を守りながら、ひとりでも多くの人たちが健康管理に心がけ、明るく健全で健康的な生活を営なまれるよう、心から願っています。 さまざまな課題に取り組む研究者たち、日々、患者様の看護に従事する看護師たちは、ひとりでも多くの患者様の命を守るために、治療や研究を続けていかなければなりません。

当院についてabout-our-hospital

オンライン診療はこちら
来院予約はこちら