カテゴリーなし

幹細胞上清液とお肌に関するお話

幹細胞上清ってどんなもの?

こんにちは

銀座2丁目、カルティエビル11Fの銀座小田クリニック 事務局のUです。

本日ランチを買いに行ったところ、銀座三越前のライオンが消防士になっていました。

火災予防運動、ご苦労様です。

 

 

今後、当院のブログは複数名のスタッフが投稿することになります。

スタッフごとにそれぞれの持ち味を活かして、楽しく有益な情報を発信していければと思いますので、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。

 

さて、本日執筆を担当しますのは私、事務局のUです。

私はもともと食品・素材系の会社で研究員をしておりました。

その後、転職を機に小田クリニックにて細胞製剤の品質管理を担当することとなり、4年ほど細胞培養に携わっておりました。

そして昨年11月から銀座院がオープンし、現在は銀座院で事務を担当しております。

そのような経緯から、主に細胞の加工や検査に関する事項や培養資材に関する情報を得意としております。

今後は再生医療に用いられる細胞や生理活性物質等のメカニズム、また国外のケースレポートなどを楽しく解説していきたいと思いますので、何卒宜しくお願い致します。

今日は最後に幹細胞上清液について簡単に解説して終わろうかと思います。

 

幹細胞上清液ってどんなもの?

近年、インターネットなどを中心に幹細胞上清液を用いた化粧品が話題になっています。

なぜ幹細胞上清液が美容目的で利用されているのか。それは幹細胞が放出する「成長因子」にあります。

成長因子とは、細胞の増殖や分化を指示するタンパクです。

幹細胞は細胞の免疫応答等を調整する役割を持ち、各種成長因子などを放出することでこれをコントロールしています。

そして、成長因子の中には線維芽細胞増殖因子(fibroblast growth factor : FGF)という物質が含まれています。

線維芽細胞とは、皮膚の真皮層などに存在する細胞です。

そして、この細胞はFGFによる刺激を受けることでコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸といった物質を産生します。

その結果、真皮層にはこれらの生産物が蓄積し、肌の質感をもちもちにするのです。

 

 

幹細胞上清液にはFGFなどの成長因子が豊富に含まれているため、美容クリニックや化粧品会社などで広く活用されています。

 

いかがでしたでしょうか。

当ブログでは、今後も皆様に有益な情報を提供できるよう邁進いたします。今後とも銀座小田クリニックを宜しくお願い致します。

オンライン診療はこちら
来院予約はこちら